香港六合平码跟踪:韓国の一方的な「ツートラック政策」はもう限界?専門家から「シャトル外交」促す声

韓国の一方的な「ツートラック政策」はもう限界?専門家から「シャトル外交」促す声
15日、韓国?デイリーアンは「日韓関係に回復の兆しが見られない中、シャトル外交の復元を促す声が上がっている」と伝えた。写真は韓国大統領府。(Record China)
2019年3月15日、韓国?デイリーアンは「日韓関係に回復の兆しが見られない中、シャトル外交の復元を促す声が上がっている」と伝えた。

記事は、文在寅(ムン?ジェイン)政権の対日外交について「歴史問題とそれ以外を切り離すツートラック戦略に基づき協力を進める考えを示してきた」と説明。一方、日本については「対立を解消せずに協力することは難しいとの立場」とし、「慰安婦合意問題を理由に通貨スワップ協議に否定的な態度を示した上、外交青書から『韓国は戦略的利益を共有する最も重要な隣国』との表現も削除した」と指摘している。

また「日本の不当な主張に対する韓国政府の断固とした対応は国民から支持を得ている」としつつも、専門家からは「日韓が北朝鮮の核の脅威と中国の膨張政策に対して協力する関係にあることを認識し、度を超えた感情的対応をしてはならない」との指摘が出ていると伝えている。

日本は韓国にとって中国と米国に次ぐ最大交易国の1つ。記事は「日韓関係の悪化は貿易縮小だけでなく観光?投資?人的交流の萎縮にもつながり、韓国経済に悪影響を及ぼす。また、日本は北東アジアで自由民主主義の価値を共有する国であり、地形学的な側面からも重要な安保協力関係を結んでいる。日韓の軍事協力の委縮は、北朝鮮と中国に戦略的な面での反射利益をもたらしかねない」としている。

パク?フィラク国民大教授は「北朝鮮がICBMとSLBMを開発し、米国の拡張抑制の約束の履行が不透明になった場合、日本との安保協力が韓国の安保の唯一の希望になる可能性もある」とし、「日本は人工衛星と多数のレーダーで核関連の情報を収集し、SM-3ミサイルを装着した駆逐艦を朝鮮半島海域に展開させることもできる」と説明した。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年3月15日の中国記事

次に読みたい関連記事「政府」のニュース

次に読みたい関連記事「政府」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「北朝鮮」のニュース

次に読みたい関連記事「北朝鮮」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。